お金があるより自由時間がある方が幸福

お金があるより自由時間がある方が幸福 幸福論

お金があれば幸福になれるのにと考えている方も多いと思いますが、お金=幸福ではありません。

お金以上に大切なのは自由な時間です。

いくらお金があっても使う時間が無ければ使う事が出来ませんし、お金を稼ぐために無理に働いて辛い思いをするのもおかしくないですか?

フルタイムで働くより給料が少なくても週3~4ぐらいで働いた方が幸福

正社員のフルタイムで働いた方がフリーターよりお金を稼げるのは間違いないですが、週5~6フルタイムで働く正社員と週2~3日しか働かないフリーターだとどちらが幸せだと思いますか。

もちろんどちらもメリットとデメリットがあります。

他にも自営業という選択肢や、田舎に移住して最低限働いて暮らすという方法もあります。

しかし、ここでの問題は社会的地位という話ではなく、フルタイムで高給取りより、週3~4日程度働きそこそこのお金を手に入れた方が幸せじゃないかという話です。

正社員で週3~4日労働は難しい

本当に一部の正社員であれば週3~4日労働をしている所もあるそうですが、ほとんどの会社は週5~6日労働です。

つまり正社員で週3~4日労働はほぼ無理という事です。

セミリタイア・FIREという考え方

では実際に自由な時間を手に入れようとすると、少しの労働で生きていくセミリタイア(サイドFIRE)という方法と完全リタイア(FIRE)する方法を取るのが良いでしょう。

自分の理想とする生涯プランを考えて、いくらあれば生きていけるのかをエクセルか何かで書き出してみると分かりやすいです。

実際に書き出してみると案外お金っていらないじゃんと気付く人や、まったく足りなくて絶望したという人もいると思います。

生活コストを低くすればするほど早期リタイアできる可能性が高まりますので、日々の節約を心がける事が大切です。

投資をするという選択

お金は銀行に預けているだけでは増える事はありません。

自由な時間を持ちつつお金を増やすには投資するのが良いでしょう

もちろん投資にはリスクがあり、どんな安全策をとっても必ず増えるという物ではありません。

全員に投資をオススメするという訳ではありませんが、もしリタイアして自由な時間を得たいという願望があるのなら投資はした方が良いといえるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました